VIO脱毛してよかった!VIO脱毛経験済みの皆さんの声

VIO脱毛でいざという時に慌てない

デリケートゾーンは腕や脚と違って見えない部分なのでケアを疎かにしがちですが、VIO脱毛を既に済ませた人たちからはやってよかったという声が多くあがっています。やはり1番多い意見は、デリケートゾーンをすっきりさせることで清潔に保て不快感が減ったということです。生理の時に経血がアンダーヘアーについて、臭いやむれの原因になります。また、肌が敏感になっているのでかぶれやすくもなります。生理中は憂うつになりがちですが、そういったストレスをVIO脱毛することで軽減できるのは助かりますよね。

ストレスを軽減できるという面では、自己処理による手間や肌トラブルがなくなってよかったという人もいます。ムダ毛を自己処理する時に多くの人がカミソリを使いますが、何度もカミソリで自己処理をしていると刺激を肌に与えていることになります。その刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素が多く生成され、それが色素沈着になります。脱毛を済ませていると大胆なデザインの下着や水着が着られますが、色素沈着や肌トラブルを起こしていてはおしゃれを思いっきり楽しめませんよね。プールや海に行くイベント前に慌てて自己処理するよりは、プロに任せてVIO脱毛しておいた方が楽ですね。

自分のためだけではないVIO脱毛

VIO脱毛が自分のためだけではなく、相手のためにもなったという声もあります。外国人の彼氏にとっては、女性はVIO脱毛をしているのが普通だという意識があり脱毛をしておいてよかった人もいるようです。国によってアンダーヘアー事情が変わってきます。アメリカやヨーロッパではVIO脱毛をしている人が多く、海外ドラマでもVIO脱毛について会話しているシーンが当たり前のように描かれています。必ずしも脱毛をしていなければいけない、というわけではありませんが留学や仕事で海外に移住される予定のある人は、VIO脱毛を済ませておくのがいいかもしれませんね。

その他には、将来介護を受ける際に備えてVIO脱毛をしておきましたという声もあり、家族や介護士の手を煩わせたくないという思いから脱毛する40代50代の女性が増えてきています。介護の時に大変なことの1つが排泄ケアです。おむつ着用により臭いやムレが気になりやすいので、少しでも軽減できるように脱毛しておくと自分にとっても介護してくれる人にとってもいいですよね。また、レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応して脱毛するので、アンダーヘアーが白髪になってしまうと、脱毛が難しくなってしまうので早めの準備がおすすめです。